温泉でゆったりくつろぎたい!金沢旅行でおすすめの情緒あふれる旅館7選

兼六園に武家屋敷・茶屋街など古の歴史を伝えるたくさんのスポットが人気となっている金沢。そんな金沢へ旅行に行くなら、純和風の旅館に泊まってとことん和の情緒を楽しみたいものです。旅の疲れを癒す温泉や、地元ならではのおいしい食事もあれば最高!そんな贅沢な望みをすべて叶える、金沢のおすすめ旅館7軒をご紹介します。

北陸新幹線で金沢旅行へ!思い出が沢山できた旅になった!


貴重な能舞台が見られる!昔の姿そのままを今に伝える歴史と情緒たっぷりの旅館

金沢駅から車で30分、自然豊かな山の中に位置する「深谷温泉 元湯石屋」は、江戸時代から続く老舗旅館です。建物はなるべく昔のままの風情を伝えようとあまり手を加えずに保存されており、懐かしい雰囲気でいっぱい。

田舎に帰ってきたような、あるいは昔にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。こちらの最大の特徴は、能舞台があることです。見学が可能で貴重な能面を見せてもらうこともできるなど、得がたい体験ができる旅館です。

館内には囲炉裏のある休憩所や庭に面した談話室など、くつろげるスペースも多く用意されています。大浴場は窓を大きく取っていて、まるで露天風呂のように風景を楽しめるのも特徴です。宮本武蔵が傷を癒しに訪れたといわれる温泉で疲れを取り、リフレッシュするひとときが過ごせます。

加賀藩主に守られた歴史ある温泉地・その最奥にある「夢二ゆかりの宿」は大正ロマンがいっぱい!

代々の加賀藩主が湯治場として守ってきた湯桶温泉の奥深くに位置する「お宿 やました」。その屋号もまた加賀藩主によってつけられたという由緒ある老舗旅館です。人気温泉街の中でも一番奥の玉泉湖に近い場所に位置しており、この上ない静けさに包まれているのが魅力となっています。

この宿は大正時代に活躍した画家・竹久夢二が恋人の彦野と共に過ごした場所で、「夢二ゆかりの宿」としても知られています。館内には小さなギャラリーがあり、壁面には夢二の名画の数々が飾られ、反対側には大きな窓から外の豊かな緑を眺められる癒しの空間です。

純和風の格調高い建物と合わせ、大正ロマンを満喫するにはまさに絶好の旅館といえます。滑らかな肌触りのやわらかいお湯も心を癒してくれます。


隠れ家気分でくつろげる離れが人気!貸切風呂でのんびり・金沢ならではの美味に舌鼓

こちらも同じく湯湧温泉にある旅館「かなや」。

1933年(昭和8年)の創業で、離れと貸切風呂のある温泉として人気を博しています。離れはわずか3室のみで、外界から切り離されたかのようなまさに非日常が味わえる空間です。

岩風呂のある部屋、茶室のあるメゾネットタイプ、大正風味の和洋折衷と3つの部屋はそれぞれ個性があり、好みに合わせて選ぶことができるほか、全室専用風呂がついているのも魅力です。本館も檜風呂付き・半露天風呂付きとバラエティに富んだ部屋が揃っています。

カップル向けやグループ向けなどプランも充実しており、様々なシーンで利用できます。郷土料理の治部煮をはじめ、のどぐろや能登牛、加賀野菜など厳選された地元の食材を使ったこだわりの料理も人気です。懐石料理は四季折々の季節感をたっぷり盛り込んだ内容となっており、何度でも訪れたくなる宿です。

12の客室に4つの貸切風呂・プライベートな時間を過ごすのに絶好の宿は観光地へのアクセスも抜群!

「金沢湯涌温泉 百楽荘」は日本三名園の一つとして有名な「兼六園」から車で20分、金沢駅からは車で35分の場所にあります。予約制の無料送迎バスは兼六園のほか「金沢21世紀美術館」や「近江町市場」といった人気の観光スポットとの間もつないでおり、観光拠点にぴったりの旅館です。

こちらの特徴は、5階建ての建物に客室はわずか12室、大浴場はなく浴室は4つの貸切風呂のみと非常にプライベート感が高いことです。日頃の喧騒を離れて静かな環境でのんびり過ごしたい、という人にぴったりの、まさに大人の隠れ家的宿といえます。

12室のうち6室は和洋折衷のスイート、あとの6室が純和風という構成。どちらもリビング付きで大変広く、和モダンのおしゃれな内装が魅力です。湯上りにリラックスして過ごせるラウンジも、大正ロマンを思わせるデザインとなっています。

梅の花のお湯や飛び石のある茶室…そこはまるで別世界!温かなおもてなしで極上の時間を

「金沢湯涌温泉湯の出旅館」は客室数10室の小さな宿ですが、心のこもったきめ細やかなサービスで上質な時間が過ごせると人気の旅館です。純和風の一軒家といった佇まいの建物は、細部に至るまで贅をつくした極上の空間で、格子戸を開ければ風情あふれる和の情緒が広がります。

飛び石伝いにアプローチする四畳半の茶室、生き生きとした緑が美しい中庭、それにエスプレッソを味わいながら雑誌などを詠みリラックスした時間が過ごせる「ハートニングルーム」と、心和む空間が多数揃っているのも特徴です。

建物全体が現実を離れた別世界といった趣で、日常を忘れのびのびと過ごすことができます。梅の花をかたどったユニークな大浴場「福梅の湯」や檜風呂、露天風呂などバラエティに富んだお風呂も魅力。肌にやさしい弱アルカリ性塩泉で、体の芯まで癒されます。

犀川のほとりに佇む高級旅館は静けさに包まれた癒しスポット・滝の音に耳を済ませれば心も穏やかに

金沢が生んだ作家・室生犀星が愛した犀川のほとりに建つ旅館「川端の湯宿滝亭」は、兼六園から車で12分の場所にあります。市街地から犀川の上流へと遡った場所で、周囲はどこか懐かしさを感じさせる穏やかな田園地帯。

聞こえるのは梢を揺らす風の音と近くにある滝の流れる音だけ、というとても静かな場所です。客室は窓外に回遊式日本庭園を望む和室・洋室、静かな裏庭に面しインナーテラスを備えたモダンな和洋室があり、眼下に犀川を眺めることができる離れもあります。

いずれもリビングを備えた広々とした作りで、離れと和洋室には専用の露天風呂があり、人目を気にせずのんびりと温泉を楽しむことができます。館内には滝を見ながら浸かれる薬草足湯、極上のリラクゼーションが味わえる滝亭スパなどの設備もあり、至福のひとときが過ごせる旅館です。

自然を感じる露天風呂と最高峰の和のグルメ・温泉旅館に求めるすべてを満たした小さな旅館

「さかえや」はわずか7室の小さな旅館ですが、「日本の旅館100選・小規模和風の宿10選」にも選ばれた人気の旅館です。「金沢の奥座敷」と呼ばれる湯湧温泉に位置し、金沢駅からバスで40分の山間にひっそりと佇んでいます。

客室は1間・2間続き・露天風呂付メゾネットタイプの3種類。1間・2間タイプが石畳の路地がついた純和風であるのに対し、メゾネットタイプは和の中にモダンなイメージを取り入れているのが特徴です。お風呂は男女とも半露天風呂で、女性用の方がやや広めとなっています。

泉質は無色透明でにおいもなく、さらりとした感触で入りやすい硫酸塩泉です。四季折々の自然を眺めながら温かなお湯につかる至福のひとときを楽しんだ後は、季節ごとに旬の食材を取り入れた極上の美味が待っています。